乾燥肌 無添加

安易に無添加化粧品を選ぶべからず

化粧品って、種類が豊富で自分に合ったものを見つけるのって、簡単ではないですよね?敏感肌の方は、化粧品選びって特に大変ではないかと思います。そんな敏感肌の方に支持される化粧品の一つが、無添加化粧品です。言葉の響きは、肌に優しそうな化粧品に聞こえますが、無添加化粧品とは?そもそも添加物って?どういうことなのでしょう?

化粧品に使われる添加物とは、薬事法において、アレルギーなどを起こす可能性及び危険性のある102種類の表示義務がある表示指定成分のことを指すそうです。その後、2001年の薬事法改正で、全成分の表示が義務付けられました。(これ以降、表示指定成分は、旧指定成分と呼ばれるようになりました。)それ以前は、旧指定成分が入っていなければ、「無添加」と堂々と謳えたのですが、2001年以降は、全成分を表示しなければならない為、「無添加」といっても色々入っていることが消費者にも分かるようになりました。しかし、旧指定成分が入ってなければ、「無添加」といえる状況には変わりないので、各メーカーの表示に委ねられている状態と言えます。指定成分以外でも身体に悪影響を与える可能性がある物質が入っていることもあります、新たに使われるようになった成分の中には、長期的な肌の影響が未確認のものもあります。「無添加」というだけで安心せずに、成分表示をよく確認することが大切です。
安易に無添加に飛びつくのは良くないですが、良質な無添加化粧品は沢山存在します。その中から、よく吟味し、あなたのお肌に合った化粧品に出会えると良いですね。