肌トラブル 無添加

敏感肌の方にお勧めしたい、化粧品選びのポイント

化粧品って様々な商品があり、一人ひとり肌質が微妙に異なるので、自分に合った化粧品に巡り合うのって、なかなか大変な事ですよね。万人に合う化粧品なんて、存在するのでしょうか?特に、敏感肌の人は、化粧品選びが難しいかと思います。そんな方に参考にしていただきたい、化粧品選びのポイントを三つご案内します。
 化粧品は、含まれる成分の全てを表示するよう薬事法で義務付けられています。購入の際は、成分表を確認しましょう。詳しい方なら、内容成分の良し悪しで検討する事ができるかもしれませんが、簡単に肌トラブルを防ぐ秘訣は、とってもシンプル。

「成分表示の少ないものを選ぶ」ということ。これが、まず一つ目です。種類が多ければ多いほど、かぶれ等のリスクが高まります。また、配合量の多い順に表示されています。故にあまり多すぎないほうが良いのです。といっても、特に基準はありませんので、20個以内というのを一つの目安にすると良いでしょう。
二つ目は、「オーガニックや無添加に先入観を持たないこと」です。オーガニックや無添加と聞くと、肌に優しいイメージですが、大きな間違いです。まず、オーガニックは天然の植物成分です。つまりは、アレルギーなどのトラブルを起こすリスクが高いということ。次に、添加物は肌に良くないというイメージを抱きがちですが、決して悪いばかりではありません。例えば水分と油分を適正に混ぜて安定させるなど、適度に入っているほうが肌に良い場合もあるのです。気にし過ぎて、ストレスになる方が、肌に良くないです
三つめは、「信頼できるメーカーのものを選ぶ」ということ。一般的に国内、輸入品でも大手のメーカーは、一定の基準をクリアしていますから安心といえます。それでも敏感肌の方は不安でしょうから、お試しサイズやサンプルで試してみるのが一番良いですね。通販などの中小メーカーのものにも良いものはありますが、良くないものもあります。サンプルを試したり、口コミなど参考にしたり、慎重に選びましょう。
とても難しい化粧品選びですが、相性の良い化粧品に巡り合えると良いですね。